満期保険金

満期保険金が下りるのが学資保険

学資保険には、いろいろなメリットがありますが、学資保険に加入されない方もいらっしゃいます。
学資保険のメリットは、契約時に決めた定額が毎月引き落とされるので安定して保険料を支払えることができます。
学資保険には早いうちから申し込みをし、支払うようにしたほうがいいのです。

お子さんの将来、教育上お金が必要になった時に必要な金額は同じなので、例えば0歳とか早くから申し込みをしておけば、月々支払う保険料が安くなるのです。
逆に遅くに申し込むとその分、月々支払う保険料が高くなってしまうので、注意が必要です。
一方、デメリットとしては、保障の内容によって今まで支払った金額より受け取れる金額が下回ってしまうという元本割れというものが起こってしまうこともあるのです。

また、貯蓄などと違い途中で引き出したりはできません。
学資保険は、お父様・お母様のどちらかに万が一、何かが起こった場合に保障される生命保険でもありますので、こういった生命保険制度がいらないと言って申し込まれない方もいるそうです。
このような方は学資保険に入らず、貯蓄をしていく様です。

貯蓄は、貯めた分だけ好きなように使えますが、お父様・お母様のどちらかに万が一のことがあった場合でも、何も保障されないのです。
月々コツコツ学資保険の保険料を納めて、将来受け取れる金額が支払金額より下回ってしまいますが万が一の場合でも保障してもらうのと、自分で貯蓄を貯めて貯めた金額そのまま使えますが万が一のことがあっても保障されないのと、これは契約者様の方で選ばれたほうがいいと思います。
お子さんにとって大事なことですので、ご家族の方といろいろと相談されてお子さんにとって良い方法に決めた方がいいですね。

このページの先頭へ