満期保険金

生命保険+積み立て=学資保険

大抵の成人は、個人で生命保険に加入しています。
これはもちろん自分自身が病気になった時のことを考え、または不慮の事故に巻き込まれた時のことを考えて加入している訳です。
夫婦で加入していると、高い方では月々3~5万円程度の出費がされているのではないでしょうか。

ここに学資保険を入れると、2万円近くの出費が加算されてしまいます。
さすがにこの金額を捻出することは、共働きでも難しいでしょう。
しかし、価値観を変えてみましょう。
今、妻のお腹の中にいる赤ちゃん。
生まれてくれば、自分たちと同じようにいろいろな病気や事故などが待ち構えています。

それを何も守らずに放り出してしまって良いのでしょうか。
この時に頼りになるのが、保険の外交員だったり、近頃ではネットでの相談窓口だったりします。
もしくは、今加入している保険会社の担当者と相談してみるのも良いでしょう。
自分たちが加入している保険ですが、案外無駄な特約が付いていたり、ダブっていたりする物です。

それらを省いていけば、学資保険分を捻出することは難しくないでしょう。
更に学資保険は、18年間の保険加入期間を過ぎれば、期間満了となり積み立てたお金が返ってきます。
おおよそ400万円位は返ってくるように設定しておけば、子供が高校を卒業した時に、そのお金がひょっこりと現れる訳です。
命を守りつなげる為にも、お金が必要な場面があると思います。
是非とも、御一考願えればと思います。

このページの先頭へ