満期保険金

ただの貯金とは違います。

子供の教育費は定期貯金などで貯めておこうとお考えの方。
これは一概には間違えではありません。
または、普通預金でも枠を決めて貯金しておくことは、これもまた間違いではありません。

しかし、決定的に違っているのは、親とは違い、病気などをしないなどと言うことはないと言うことです。
逆に子供だからこそ、大病にあう、交通事故等の事故に巻き込まれるとは考えられないでしょうか。
一生懸命に親が貯金をしていても、大病にかかった時、高額医療費などをカバーすることは容易なことではありません。

交通事故は保険金が出るとは言え、経過措置が良好で退院となってしまい、自動車保険の適用も終わってしまえばその後の治療など、大変なことが待っています。
そこで学資保険に加入しておくことで、不慮の事故や、思わぬ大病に罹った場合も安心して治療に専念できるサポート体制があります。
子供の養育費というと、とにかくお金がかかります。
生まれたばかりですと、市区町村の助成金などを借りてもなかなか厳しいのが現実です。

そこから学資保険の掛け金を生み出すのは難しいとお考えかもしれませんが、子供が赤ちゃんから幼稚園、小学校、中学校、高校生と成長していく過程でかかる出費は余り変わりません。
初めに一番安い契約でもしておくことで、結果としては親の負担を減らすことが出来る訳です。
是非とも今、お腹に赤ちゃんがいる方々は信頼しているまたは、最寄りの保険会社などへ相談をされた方が良いと思います。

このページの先頭へ